姫路熟女風俗と自慰

姫路の熟女風俗に行けないときはオナニーのことを考える。
オナニーは智恵が先じゃない、真心で射精するのだ。真心あってそれをヌける智恵者がオナニー補佐役として付き従えば良いのだと感ずる。借りもののエロ本なんかはどうでもよいのだ。同じオナニーでも自然と自己のちんちんからにじみ出るカウパーでなくてはかたまりザーメンなどの創作オナニーなどといった素晴らしいものは生まれる訳ないのだ。生まれつきのオナニー適正のないものは生まれつきの真心を以て進めばよいのだ。正義のオナニーとは無敵のオナニーだ、まごころのある風俗狂いは、神に祈らずとも神のご加護がある。正直もののおちんちんに神は宿るのだ。真心は一つであって二がない。正に純一だ、ここできんたまのことをかんがえてみると、きんたまは二つで一つであり、これもまた純一だ。まごころこもったきんたまは全にして一なのである。だから純一のきんたまになる情熱を以てちんちんをこすることだ。その純粋なるオナニーには敵はないはずだ。だから性器をこするにしても人と変ったことをすることはない。
昔のひとと違うオナニーをする必要はまったくないのだ。いわんやおちんちんははるか太古の時代に完成しているんだから、古代人のオナニーは大概、行くところまで行っている。
道を外れた風俗狂いが間違ったオナニーをするのは昔の人のおちんちん捌きが明瞭に見えないからである。
無知な人はきんたまフック宙吊りプレイなど向こう見ずなことを平気でやることになるのだ。
これをエロ本についてみるとき、顔真卿が「南無法蓮華おちんちん」とカいても、波田陽区が「どうみても精子ですから~、残念!」と書いても、はたまた、今の人たちがSNSに「ザーメンはーとはーとはーと」と書いても大して指すものがちがっているものではないのである、なんとはなれば食欲睡眠欲性欲は3大欲求とされているが、基本性欲一本なのである人間は。
無暗に形ばかり変えてこすってみたところで、うまいオナニーとは言えないのであり、うまい風俗狂いとしての要素とはならないのである。結局射精感が全てなのだ風俗は。
性器に於てもTENGAの楽チン射精オナホールの如きは、ちん次郎以来数代を重ね後々に名を成しているとは言うものの、ちん次郎と言い、ちんこうと言い、この両人は特に好色家であって、立派に芸術的おちんちんを具え、特に秀でたるきんたまをもっているのである。
このようなことはそもそも我々が射精するのはなんのためであるか考え及ばなければならないのではあるまいか。
そういったことも考えて姫路の熟女風俗で遊ぶと良いだろう。